Pandora2 20機能+2つの使い方の動画解説

この記事は3分で読めます

===========================
■禁断のツール『Pandora2』20機能+2つの使い方動画
===========================
Pandora2 特典

◆1【広告逆引き機能】
・ライバルのURLから広告情報を
逆引き検索してカンニング調査できる

◆2【広告一覧検索機能】
・キーワードから広告出稿している
ライバルの広告情報を一覧で調べられる

◆3【提携広告検索機能】
・広告文に「提携」が入っている
PPCアフィリエイト広告を一気に調べられる

◆4【クリック先URL調査機能】
・普通では知ることが出来ない
広告クリック先のURLを調べることが出来る

◆5【URL偽装広告検索機能】
・広告表示URLを偽装して出稿している広告を一目で調べられる

◆6【同一IPサイト検索機能】
・ライバルが同じサーバーに設置しているサイトを調べられる

◆7【継続出稿広告調査機能】
・過去の広告データと現在の広告出稿状況を比べて
継続して広告を出稿して稼ぎ続けている広告を調べられる

◆8【デバイス毎広告調査機能】
・パソコンとスマートフォンそれぞれの広告情報を調べることが出来る

◆9【スマホ対応状況調査機能】
・広告出稿しているサイトがスマートフォンに
対応しているサイトかどうか調べられる

◆10【広告順位チェック機能】
・広告出稿しているキーワード毎の
広告掲載順位を調べて時系列で比較出来る

◆11【SEO順位チェック機能】
・キーワード毎のSEOの順位を調べることが出来る

◆12【関連キーワード拡張機能】
・キーワードの関連キーワードから
稼げるお宝キーワードを見つけることが出来る

◆13【トレンドキーワードリサーチ機能】
・トレンドキーワードからライバルの
SEO情報&広告情報を調べることが出来る

◆14【Youtube動画数調査機能】
・キーワード毎のGoogleにヒットするサイト数と
Youtubeの動画数を比べてライバルが少ない
Youtubeキーワードがわかる

◆15【Youtube動画順位調査機能】
・キーワード毎のGoogleの検索結果で何位に
Youtubeの動画が表示されるか調べられる

◆16【プレポジ数調査機能】
・キーワード毎の広告の
プレミアムポジション数を調べることが出来る

◆17【キーワードデータ取込機能】
・Yahoo!キーワードアドバイスツールや
Googleキーワードプランナーのデータを
取り込んで解析することができる

◆18【上位サイトSEO解析機能】
・特定キーワードにおいて
現在上位表示されているサイトのSEO情報を解析できる

◆19【お宝キーワード発見機能】
・キーワード毎のさまざまなデータから
狙い目のお宝キーワードを発見できる

◆20【キーワードデータ抽出機能】
・特定のキーワード群や解析結果の全てを
CSVでインポート・アウトポートできる

◆使い方1 
【広告データベースから稼げるデータを検索するPPC広告サーチ!】

◆使い方2
【キーワード候補から拡張してお宝キーワードと
お宝商品を発掘する! キーワードサーチ!】

Pandora2 特典

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事